一日一句

駄作だらけですが一日一句、俳句を作っています。その中でお気に入り作をできるだけ毎日upしていきます、お暇な方お立ち寄りくださいませ

俳句発表その1908

今日の一句

忙殺に微睡の来て蟻眠る  作成日2016.6.3

蟻眠るほど。

宗本智之

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

忙殺に微睡の来て蠅眠る

着想がおもしろいのですが、忙殺の主体は自分なのですね。蠅ではないのですね。それとも、両方をかけているのかしら?
主語を一つにして、「蠅生まる」と続けた方が、俳句らしいのですが、大忙しの時間の暇にもふとねむけがきざし。まどろ実からMRざめたら、しょっちゅう飛び廻っていた蠅も動きをとめていた。こんな風にとらえました。蠅の状態を「眠る」と詠んだところも面白い。

堀本 吟 | URL | 2016-06-24(Fri)23:53 [編集]


^ ^;;

堀本様
コメントありがとうございます。
蟻が眠るほど忙しい。
忙殺は、全ての世界に存在しているようです。

munixyu | URL | 2016-06-26(Sun)08:54 [編集]


あ、間違えた。アリ と ハエ

忙殺に微睡の来て蟻眠る」
宗本さん、まあ。ごめんなさい、アリとハエを見間違えました。
この頃 視力が弱って、こういう間違いをしょっちゅうやるのです、さりげなく笑って見逃してくださってありがとう。

したがって、解釈も感想もピントはずれになったよね。いよいよ・・・かな。私も。 ともかく、お詫びのメッセージを。吟

堀本 吟 | URL | 2016-07-01(Fri)22:58 [編集]